引越し やること

引越しでやることは安くて良い引越社に出会う事


引越し費用は高いと思っていませんか?

今なら下記の一括見積サイトに申込みをすると    
最大で60,000円の引越しお祝い金がもらえるようです。

 

引越しでやることを予め決めておくと安心

引越しが決まったらすぐにやること

引越しが決まったらすぐにやることをチェックすることが大切。

 

やることはたくさんありますので、
漏れがあると後で余計な手間がかかってしまいます。
段取り良く引越しをするための流れを紹介します。

 

 

ざっと流れを紹介しますと、

 

1、引越し業者探し(複数の引越社から見積を取り比較する)
2、賃貸契約の解除手続き
3、ライフライン(ガス・電気・水道)の解約手続き
4、通信サービス(固定電話・インターネット)の解約手続き
5、新居の契約(搬入できる状態の確認含む)
6、粗大ごみ、不用品の処理
7、子供の転向届け(子供がいる場合)
8、引越し日時の決定
9、掃除&荷造り

 

となっています。

 

 

一つずつみてみましょう!

 

1、引越し業者探し(複数の引越社から見積を取り比較する)

 

引っ越しで一番お金と時間がかかる部分なので、一番最初にやりましょう。 

 

マンションによっては引越し社が指定されている場合がありますが、
自力で探す必要がある場合は早めに探すことをお勧めしています。

 

大手で有名な引越し業者や地元密着の引越し業者があり、
同じ条件でも料金や対応が全然違う場合があります。

 

また知り合いが使った引越社がいるとか、たまたまネットで調べた引越社がいるなど
1社だけに見積もを依頼して決定しようとすると大きく損をしてしまう可能性がありますので、
必ず複数の引越社に見積を取って比較をしていきましょう。

 

今は【このようなサイト】で簡単に一括で複数の引越社に見積を取ることが出来ます。

 

まずは6社くらいに見積を取って、
安い所やサービス面で気になる引越し会社3社に絞り、
問い合わせをすることで競争が起こるので、

 

 

引っ越し費用を安くできる可能性が上がります。 

 

 

また、引越しの日時は引越し業者の都合もあるので、
早めに引越し業者を決めましょう。

 

 

 

 

2、賃貸契約の解除手続き

 

賃貸借契約書を見ると退居申告の期限や方法が決まっているので確認をします。

 

一般的には退居の1ヶ月前が申告期限の場合が多いので、
契約解除の連絡を管理会社もしくは大屋さんに連絡をしましょう。
申告期限を過ぎてしまうと1ヶ月分余計に家賃を払わなければならなくなるので注意が必要です。

 

そして管理会社から「解約通知書」をもらい、記入後に持参もしくは郵送をします。

 

 

3、ライフライン(ガス・電気・水道)の解約手続き

 

ガス、電気、水道などのライフラインの解約手続きを行います。
金額は前月の支払いから退居日までを日割りで計算してくれます。
また電気やガスを停止する場合は業者の立ち合いがあるので注意が必要です。

 

他にも新聞の契約をしていたら解約をしたり、
郵便局に転居届けの手続きなども忘れずに。

 

 

 

 

4、通信サービス(固定電話・インターネット)の解約手続き

 

通信サービス(固定電話・インターネット)の会社にも
住所変更の連絡を入れます。
金額の計算方法は各社異なりますのでしっかりと確認をしておきましょう。

 

各社の連絡先はエクセルなどで管理しておくと、
漏れ防止や効率も上がりますのでお勧めです。

 

 

 

 

5、新居の契約(搬入できる状態の確認含む)

 

新居にすべての荷物を搬入するため、
新居付近の道路状況や入口の大きさ、エレベーターのサイズや新居の間取りなど
予め確認をしておくことをお勧めします。

 

引越し当日にベッドやピアノ、冷蔵庫などの大きな物が入らない!
なんてことがあったら大変です。

 

 

 

 

6、粗大ごみ、不用品の処理

 

意外と手間取るのが粗大ごみと不用品の処理です。

 

粗大ごみで捨てるとお金がかかるので、
使えるものは極力不用品としてリサイクルショップや買取ショップに
出せると引越し費用の足しになるのでお勧めします。

 

売れるものはどんどん売っていきましょう。

 

引越しの際の整理・買取は ⇒ 引越しの際の整理・買取なら買取プレミアム

 

 

 

 

7、子供の転向届け(子供がいる場合)

 

子供がいる場合は学校の担任の先生に連絡を入れます。
そして役所に転出届けを提出し「転学通知書」をもらいます。

 

学校からは「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」をもらいます。
この書類は転校先の学校へ入学する時に必要になりますので大切に保管してください。

 

 

 

 

8、引越し日時の決定

 

引越し時期によって引越し料金に大きな差が生じます。

 

2月〜4月が繁忙期になり料金も一番高くなるのと、
引越し業者のスケジュールも詰まっているため、
日時が選べるなら2月〜4月は避けた方が無難です。

 

また土日も人気がありますので、
平日に引越しをしたり、

 

大安吉日も人気がありますので、
仏滅を狙うなど、

 

工夫次第で費用を安くすることが出来ますので、
もろもろの事情を考えて引越し日時を決定していきましょう。

 

 

 

9、掃除&荷造り  

 

お部屋を片付けながら荷造り作業に取り掛かります。
いらないものは極力処分し、
いらないけど使えるものは買取に出すことが大前提ですが、

 

荷造りのポイントは普段使わないものから段ボールに詰めていく事です。
掃除機はギリギリまで使うし、
新居で最初に使うので段ボールに入れなくてよいか引越社に相談しておきましょう。

 

段ボールに入れたら必ず中に何が入っているか分かるように
マジックで記載をしておきましょう。

 

段ボールは引越社によって無料でもらえる場合があるので必ず確認しましょう。

 

もらえない場合は近くのドラックストアーや八百屋さんに行き、
「引越しで段ボールが必要になり、いらない段ボールをもらえませんか?」と
相談すればたいていは快くもらえるものです。

 

もしどうしても恥ずかしくて言えない場合は
コチラ

 

から簡単に購入できます。

引越し業者は必ず複数社に見積を取ること

引越し料金には「定価」がありません。

 

 

荷物の量や距離によって各社計算方法が異なりますので、
1社だけでなく複数の引越し業者に見積を取ることをお勧めしています。

 

 

一人暮らしの引越しが得意な業者や家族の引越しが得意な業者など
各社得意分野も異なります。

 

 

また下記の一括見積サイト申込みをすると    
最大で60,000円の引越しお祝い金がもらえるようです。
↓↓↓

 

 

>>>引越し準備 その1:新居を決める

引越しを格安にするならこれで決まり!


引越しをしなければならないが、
時間とお金がないあなたに必見の情報です。