引越し やること

引越しでやることは安くて良い引越社に出会う事


引越し費用は高いと思っていませんか?

今なら下記の一括見積サイトに申込みをすると    
最大で60,000円の引越しお祝い金がもらえるようです。

 

引越し手続き 役所編

引越し後に行う役所の手続きについて説明します。

 

 

自営業者とサラリーマン、OLとでは行う手続きが異なりますので注意してください。

 

サラリーマンとOLが必要な手続きは
 ・転出届
 ・転入届
 ・印鑑登録証
同じ市区町村内の引越しの場合は必要ありません。

 

 

 

自営業者が必要な手続きは
 ・転出届
 ・転入届
 ・印鑑登録証の変更
 ・国民健康保険の変更
 ・国民年金の住所変更
同じ市区町村内の引越しの場合は必要ありません。

 

 

注意しなければならないのは、別の市区町村に引越しする場合に、
「印鑑登録証」「国民健康保険」「国民年金の住所変更」の手続きをするために、
一旦資格を廃止もしくは停止の手続きをしなければなりません。

 

 

「転出届」と「国民健康保険」の手続きは、
引越し前後、約14日以内と決められているので廃止手続きと登録手続きを引越し後14日以内であれば
同じ日に手続きできるので安心してください。

 

 

但し、引越し先が地方で遠方になってしまう場合は「転出届」と「国民健康保険」の手続きは
引越し前に行っておくと良いでしょう。
「転出届」を提出する時に「印鑑登録の破棄」の手続きが出来るので実印を忘れずに。

 

 

 

★転出届の手続き

書類

期限

必要なもの

提出先 

転出届 引越し予定日の前後14日以内 印鑑 身分証明書 旧住所の市区町村役所

※別の市区町村に引越しする場合のみ

 

 

★転入届の手続き

書類

期限

必要なもの

提出先

転入届 引越し日から14日以内 印鑑 転出証明書 身分証明書 新住所の市区町村役所

 

 

★印鑑登録証の廃止

書類

期限

必要なもの

提出先

印鑑登録の廃止 転出届時 印鑑登録証 旧住所の市区町村役所

※別の市区町村に引越した場合に必要な手続きです。
※同じ市区町村内の引越しの場合はそのまま実印は使えます

 

 

★印鑑登録の手続き

書類

期限

必要なもの

提出先

印鑑登録 早めに 実印登録する印鑑 身分証明書  新住所の市区町村役所

※転出届を提出した時に以前の印鑑登録証は破棄されます。
※同じ市区町村内の引越しの場合は印鑑登録は破棄されません。

 

 

 

★国民健康保険の資格停止の手続き 【自営業の方】【別の市区町村からの引越しの場合】 

書類

期限

必要なもの

提出先

国民健康保険の喪失 引越し予定日の前後14日 印鑑 保険証 旧住所の市区町村役所

※自営業者で別の市区町村から引越しした場合に必要になります。
※サラリーマンやOL、そのご家族は必要ありません

 

 

★国民健康保険の手続き 

書類

期限

必要なもの

提出先

国民健康保険の加入 引越し後14日以内

印鑑 キャッシュカードor
通帳+通帳使用印 
転出書 身分証明書

新住所の市区町村役所

※国民健康保険の加入手続きをするためには事前の旧居の住所の役所で、 「資格喪失届け」を提出しておく必要があります。
※引越しをする日の前後14日以内の提出なので「喪失」と「加入」を同時に引越し後14日以内に行えば大丈夫です。

 

 

★国民年金の手続き  【自営業の方】【別の市区町村からの引越しの場合】

書類

期限

必要なもの

提出先

国民年金の住所変更 引越し日から14日以内 印鑑 国民年金手帳 身分証明書 新住所の地区町村役所

※引越し前に行う手続きはありません

 

 

>>>引越し手続き パスポート編


引越しを格安にするならこれで決まり!


引越しをしなければならないが、
時間とお金がないあなたに必見の情報です。