引越し やること

引越しでやることは安くて良い引越社に出会う事


引越し費用は高いと思っていませんか?

今なら下記の一括見積サイトに申込みをすると    
最大で60,000円の引越しお祝い金がもらえるようです。

 

退去する時に気を付ける事

引越し先が決まると、
ついつい新居に意識が向いてしまいますが、
旧居の退去手続きがあります。

 

気を付ける事は2つです。

 

1、解約予告の告知期間の確認
2、ダブル家賃を防ぐ

 

 

 

それぞれ説明をしていきます。

 

 

1、解約予告の告知期間の確認

 

退去する時には必ず解約する旨を大家さんか不動産会社に伝える必要があります。
それには期限があります。

 

賃貸借契約書に解約予告の告知期間というのが記載されていますので、
何か月前までに告知をするかをチェックしましょう。

 

よくあるミスとしては、
解約予告の告知期間が3ヶ月と賃貸借契約書に記載されているのをチェックせずに、
1ヶ月前に告知をするとペナルティとして差し引き分の2ヶ月分を請求されてしまいます。

 

 

2、ダブル家賃を防ぐ

 

この知識がないと新居と旧居の家賃をダブルで払わなければならない
可能性があるのでしっかり押さえておきましょう。

 

それはタイミングです。

 

退去の申し出から新居に移るまでにタイミングが悪いと旧居と新居の両方に
家賃を払わなければならなくなります。

 

ダブル家賃ですね。

 

例えば退去先の賃貸借契約書に解約予告の告知期間が3ヶ月と記載されていた場合、
退去の1ヶ月前に新居が決まったとすると差し引き2ヶ月分の請求をされてしまいます。
こういう場合は退去の3ヶ月以上前に新居を決めると大丈夫です。

 

逆にいうと、
解約予告の告知期間が1ヶ月しかない場合は、
この期間でお部屋探しをする必要があるという事です。

 

但し、安心してください。

 

万が一お部屋が見つからなかった場合に強制的に退出をさせられないような
法律があります。
もちろん、日割りで計算して家賃を払う事にはなります。

 

 

これから引越しする場合でも、
また引越しをする可能性がありますので、
必ず「賃貸借契約書」に記載されている「解約予告の告知期間」をチェックしましょう。

引越しを格安にするならこれで決まり!


引越しをしなければならないが、
時間とお金がないあなたに必見の情報です。