引越し やること

引越しでやることは安くて良い引越社に出会う事


引越し費用は高いと思っていませんか?

今なら下記の一括見積サイトに申込みをすると    
最大で60,000円の引越しお祝い金がもらえるようです。

 

引越し準備 その3:退去予定日を決める

引越し準備 その3:退去予定日を決める

 

 

賃貸住宅から賃貸住宅へ引っ越す場合の想定でお話を致します。

 

 

現在、住んでいる住宅を管理している不動産との賃貸借契約書をまず確認します。
一般的には退去日の1ヶ月前に報告することになっているケースが多くありますが、
一度、賃貸借契約書の規約を確認してみましょう。

 

要するに退去の連絡をしてから1ヶ月分の家賃は払ってもらいますよという契約です。

 

不動産は退去の連絡をもらった時点で、
今あなたが住んでいる賃貸住宅の住人の募集を行います。

 

空き家にしたくないですからね。

 

そう考えると、
あなたは新居を先に決めておかないと退去をするのは良いけど住む場所がないけど、
次の住人が入るので退去はするけど住むところが無いといったトラブルになってしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

 

手順としては、

 

1、新居を決めて、入居できる日にちを確認する
 
    ↓
 
2、引越し業者を決定し、引越しの日程を決める
 
    ↓
 
3、引越し当日(入居日)から逆算して1ヶ月前に退去の連絡を不動産に入れる

 

 

という流れがスムーズです。

 

 

出来れば退去日と入居日は余裕を持ったスケジュールを立てる事をおすすめします。

 

 

退去日と入居日を同日にすると新居の搬入と旧居の片付け&立ち合いなど時間的に無理があるので、
入居した後に退去するくらいのスケジュールにすると良いでしょう。

 

不動産に家賃が日割りで計算できるのかあらかじめ確認しておくのも良いでしょう。
多少家賃が高くついても余裕を持ったスケジュールの方が安全です。

 

ただ注意点としては、
新居を決める日が早すぎると今住んでいる住宅の家賃とダブルに家賃を払わなければ
ならなくなりますので、スケジュール表を作って具体的な日付まで落とし込んで考えていきましょう。

 

 

>>>引越し準備 その4:粗大ごみ&不用品回収&買取


引越しを格安にするならこれで決まり!


引越しをしなければならないが、
時間とお金がないあなたに必見の情報です。