引越し やること

引越しでやることは安くて良い引越社に出会う事


引越し費用は高いと思っていませんか?

今なら下記の一括見積サイトに申込みをすると    
最大で60,000円の引越しお祝い金がもらえるようです。

 

引越し準備 その6:掃除orハウスクリーニング

引越し準備 その6:掃除orハウスクリーニング

 

 

旧居から荷物を全て移動させた後は掃除をします。

 

普段から綺麗にお部屋を使っていて修繕する必要がなければ敷金が全額返却されますが、
異常な汚れや傷などが多くある場合は基本的に貸主(大家さん)が負担する事になっています。

 

中にはあなたに修繕費、掃除費、ハウスクリーニング代を請求してくる場合がありますので注意が必要です。

 

というのも入居時の賃貸借契約書の特約事項にハウスクリーニング代は借主が負担すると
明記してあるため貸主は敷金の中からハウスクリーニング代を差し引いてくるという事です。

 

但し、あなたが普段から綺麗にしていて、退去時にも綺麗に掃除しているにも関わらず、
貸主がハウスクリーニング代を敷金から引いてくる場合には交渉をするべきです。

 

以下の汚れや傷であればあなたが負担する必要性はありません。

 

・自然光による畳や壁紙の変色
・画鋲の穴
・軽度のタバコのヤニ
・冷蔵庫、テレビ、エアコンに隣接する壁の黒シミ
・通常使用による排水口のつまりや漏水

 

など、普通に生活していても汚れてしまう状態です。

 

 

逆に、あなたが不潔に使っていたら敷金の全額返還は難しいので客観的に見てみましょう。

 

・タバコのヤニによる変色がひどい
・焦げ跡がある
・釘やネジ穴
・エアコン漏水を放置して腐敗した壁
・ガラスの割れや網戸の破れ
・水回りのカビ

 

 

これはモラルとも言えますが、
引っ越しをする時は今まで住ませて頂いたお部屋を綺麗にして
お返しすることが常識ではないでしょうか。

 

特に水回りは汚れがひどくなりやすいので、
丁寧に掃除をしていきましょう。

 

自分では掃除がしきれない汚れの場合は
ハウスクリーニングに依頼して、
気持ちよく引き渡しをしたいものです。

 

 

ハウスクリーニングを安く済ませる方法は

 

ズバットハウスクリーニング比較がおすすめ

 

 

 

>>>引越しが決まったらまずやること

 

 


引越しを格安にするならこれで決まり!


引越しをしなければならないが、
時間とお金がないあなたに必見の情報です。